お薦め

ウィルスが体内に入ると,抗体が戦ってくれる

私たちの体は私たちが思っているよりもずっと強く、ずっと賢いのです。

ウィルスなどの病原菌が体内に入ろうがものなら、
即座に免疫細胞たちがそれを見つけ出し、やっつけてくれます。
そして、その病原菌に強くなるように働きかけます。
免疫というすばらしいシステムのおかげです。

病原菌が体内に入り込み病気を発症すると、
私たちの体の中ではその病原菌に対抗しようと「抗体」というものを作り上げます。
その抗体たちが病原菌をやっつけてくれるのです。
シーズン中にまたそのウィルスが体内に侵入してきたならば、この抗体がウィルスをやっつけてくれるのです。

そうすることにより、同じ病気が発症することがなくなります。
こういった状態を免疫ができたというのです。

たとえば、インフルエンザワクチンというものがありますよね。
インフルエンザの流行る時期になると、私たちはこぞって予防接種を注射します。
これはどういうことかというと、インフルエンザに軽く感染している状態を意図的に作り出します。
そして、体の中に病原菌であるウィルスが入ってきたらやっつけてくれる抗体の訓練をさせておくのです。
そうすることにより、万が一インフルエンザのウィルスが体内に入ってきても、
あらかじめ訓練されていた抗体たちが真っ先にウィルスたちを撃退してくれるのです。
それにより、いわゆるインフルエンザの症状が出ることなく時期を超えることができます。

ただし、軽くても感染状態を作ってしまうわけなので、
できるだけ体調の整っている時を選んで予防接種を受けた方がよいでしょう。
そうじゃないと、実際にインフルエンザにかかってしまう危険性もあります。
また、既に症状が出始めてからでは予防接種しても意味がありません。
それどころ、さらに状態が悪くなってしまうこともあるので注意が必要です。

また、ガンの場合はちょっと厄介です。
というのも、ガンというものはそれ自分の細胞がガンに変化してしまうため、
免疫のシステムの中では敵なのか味方なのか非常にわかりづらいのです。
ガンがなかなか治りづらいのはそういった事情があるからなのかもしれません。