お薦め

免疫細胞治療は人体の免疫システムに着目

私たちが何か病気にかかってしまうと、よく免疫という言葉が頭に浮かんできますよね。
一度何かの特殊な病気にかかると、その免疫ができるから次は大丈夫、なんて言ったりします。

免疫は、私たちの体がもともと持っている治癒力のようなものだと考えられます。
このなんとなくだけど理解している免疫ですが、実は様々な役割を果たしているのです。
いわばシステムのようなものを持っているのです。

体内に何か異物が侵入してくると、私たちの体はそれを敵とみなします。
そして攻撃をしかけていくのです。
それらの中心となっているのは白血球の中にあるリンパ球というものです。
このリンパ球たちは常に体内を動き回り、異物である病原菌がないか探索しています。
そしてみつけたらすぐに攻撃命令をくだします。
そして攻撃・排除した後は、その病原菌に対する抗体を作り出すのです。

また、このリンパ球を常に刺激しているのが樹状細胞というものです。
これも免疫細胞の一つになります。
これらの免疫細胞たちは、生まれつき私たちの体の中に存在しているものになります。
そして常に機能しています。

こういった免疫システムに着目し、ガンなどの治療に役立てようと試みたのが免疫細胞治療になるのです。
免疫細胞を一旦取り出し、人工的に増殖させていきます。
そして力をさらに強めていったり、他の機能を持たせていったりするのです。

その後、取り出した免疫細胞を元の患者さんの体内に戻してあげると、
変化させられた免疫細胞たちが体内で大活躍してくれるのです。

直にリンパ球を増殖させて治療に使うのを活性化自己リンパ球療法、
そして樹状細胞を増殖させて治療に使うのを樹状細胞ワクチン療法と呼んでします。
他にもいろいろな治療法が見いだされていて、その研究は現在も行われ続けています。

私たちは患者となった時、いくつもある治療法の中から選ぶことができるようになりました。
医学の進歩というものは本当にすごいですね。
私たちは生まれ持ったものを利用して、病気を治していけるのですから。