お薦め

ガン免疫細胞療法

現代人はガンの発症率がものすごく高くなっています。

昔と比べると生活環境もだいぶ変わってきていますし、食生活も大きく変わりました。
生活が良くなればよくなるほど、ガンの発症率も高くなってきているように感じるのは気のせいでしょうか。

しかし、発症率が一方的に高まるわけではなく、それに伴いガン治療の研究も大きく前進してきました。
臨床データもたくさん集まり、高度な技術も開発されているのもまた事実なのです。

ガンの治療の種類は様々ありますが、その中で免疫細胞療法というものがあるのはご存知でしょうか。
私たちの体というものは、自分で自分を守るよう作られています。
これは神様から授かったものと言っても過言ではありません。

ウィルスなどの病原菌が体の中に入ってくると、それらを排除するために働きかけることができるのです。
これが免疫というものです。
これらは全て、免疫細胞が担っています。
この免疫細胞が、病原菌を見つけ出し、攻撃をしかけるのです。

しかし、これらの機能は万全ではありません。
免疫細胞の監視の網を通り抜け、増殖していくこともあるのです。
そうすると、それらはやがてガンとして発症します。

厄介なのは、ガン細胞が免疫細胞が増えることを抑制したり、
攻撃する力を弱めたりすることができてしまうということなのです。

そうなった場合、どうしたらいいか。
そこで研究され見つけ出されたのがガン細胞を抑制する免疫療法なのです。
カン細胞に結合させて増殖を抑える抗体を使う抗体治療や、
ガンの目印にする高原ペプチドの投与によりガン細胞を攻撃する免疫細胞を活性化させるペプチドワクチン治療、
樹状細胞を体外で増殖させて投与する免疫細胞治療などがあります。
これらの治療方法は今でも研究を重ね、発展をし続けています。

このように、現代の医学は日々進化し続けているのです。
今はまだ治療法がみつかっていなかったとしても、数年先はもしかしたら発見されているかもしれません。
いいえ、数年先ではなく、それは明日なのかもしれないのです。