お薦め

体内に侵入した異物を攻撃する免疫の力

私たちの体は風邪をひくと熱を出したり、咳や鼻水が出たりしますよね。
時には下痢や嘔吐といった症状が出ることもあります。

これらは全て体の中にある悪い菌を外へ出そうという働きなのです。
人間の体には理屈では語りつくせない様々な働きがあるのです。

よく免疫という言葉を耳にしますよね。
この免疫という言葉は、病などから逃れるということを意味する言葉です。
一度何かの伝染病にかかった場合、その人がまた同じ伝染病にかかるということはほとんどなくなります。
よく、免疫がついたとか言われるのはこのことなんです。

こういった仕組みを総称して免疫システムともいいます。
私たちの体の中に侵入してきたウィルスをやっつけてくれるのです。

細菌だとかウィルスが私たちの体の中に入ってきた時、体の中の細胞はそれを異物と判断します。
異物、すなわち自分たちの細胞とは別物と判断した時、それに対して攻撃をしかけるのです。
私たちの体に生まれつき備わっている防衛本能のようなものですね。
そのおかげで私たちは体を健康な状態に保つことができるのです。

免疫というものには二種類あって、抗体が主な免疫、そして免疫を担っている細胞が主である免疫とがあります。
前者は液性免疫と呼ばれ、後者は細胞免疫と呼ばれています。
最初に挙げたように、私たちが風邪をひくと、体の中にある免疫が風邪のウィルスを撃退しようと動き出します。
様々な能力を持った免疫たちがウィルスに感染した細胞を破壊して、そのあと今度は抗体を作るよう動き出すのです。
出来上がった抗体は、今度は一緒になってウィルス感染した細胞たちを破壊していくのです。

こうして考えてみると、私たちの体って本当にすごいですね。
なんてよく出来ているのでしょう。

免疫の中でもこの抗体というのはすごい存在で、異物が侵入してくると、それらと結合します。
そしてその異物を体内から排出してしまうのです。

すごいのは、私たちの体というのは、どんな異物が入ってきても、それと合う抗体を作り出すことができるのです。